2006年06月14日

ライブドア株主総会

会社を午後休み、海浜幕張までLivedoorの株主総会へ行ってきました。

目的は、ずばり 海外ファンドの動議 を生で見ること。


海浜幕張駅を降りて会場が近づくと、新聞、TV、ラジオの報道陣の多さに驚き。 

TVのインタビューは避けましたが、東京新聞とニッポン放送のインタビューを軽くこなしました。

東京新聞の方には名刺をもらったのですが、所属は社会部でした。

やっぱりこういう話は、経済部とかではなくて社会部なんですね。



会場に入ると、いすの多さに驚き。

Livedoorisu.jpg


それ程埋まらなかったものの、日本競馬会のWINSにたむろしていそうな人たちも大勢見受けられました。

さすが、個人株主を惹きつけたライブドアだなぁ、、とその功罪をしみじみ考えていました。


そうこうしている内に、総会が始まりました。

まず、気になったのが、監査役のうちの一人が蝶ネクタイ。

なかなかいい感じです。


まずは、事件がらみの内部調査の結果や、今後の戦略の話がありました。

証券取引法違反が確定したら、3ヶ月以内に証券会社、先物取引会社の持ち株比率を20%以下にしないといけない、、ということを知りました。

ポータルサイトの話は、CGMのNo.1になる、、という説明でしたが、あまり納得性は高くありませんでした。

AISCEASのシェアの部分を取っていく、という話でしたが、YahooやGoogleにはかなわないような気がしないでもありません。



その後、質疑応答コーナー。

意味不明な質問も多くありましたが、一つ一つ必要以上に時間をとって回答がなされていました。


興味深かった質問としては、 訴訟 のはなし。

今、21億円の訴訟と 9億円の訴訟 の2つがあるそうです。


あと、株主総会招集通知の誤字脱字に対する指摘が相次ぎました。

誤字脱字の多さはお粗末そのものです。

個人的には、そんなに気にならないんですが、、、。



いつになったら動議が出るのかな??? と思いながら質疑応答を聞いていた17:15ごろ、それまでの丁寧な回答体制とは打って変わって、強制決議。

場内は、かなり騒然となりました。

淡々と決議が進み、総会は強制終了。


「経営陣は動議封じの禁じ手を使ったのか!?  ファンドはどう出てくるんだ??」


と心躍ったんですが、個人株主が騒ぎ立てるだけで 期待していることは何も起こらず。


個人株主が騒ぎ立てていると、終わったことになっている総会で取締役を退任した山崎さんが出てきて、「総会とは関係なく質疑応答を続ける」という意味不明の対応が始まりました。


最早取締役ではない山崎さんは、どういう権限で回答するんだろう??? と疑問に思いながら、見ていたところ、新取締役も同じことを考えたようで、山崎さんを退場させ、新取締役による回答が始まりました。


「今の総会決議は無効ではないか?」

という質問には、 「対応が悪かったことはお詫びするが、総会決議は有効だ、 有効議決権7億株のうち、5億株分の賛成はおさえてある」 との回答。


どうやら、勝敗は総会前についていたみたいです。

結局、切り札を持って勝負するプロの攻め口を見ることは見れませんでした。

が、電車男語を話して怒号を上げる個人株主を見ることが出来たのは、それなりに価値がありました。


posted by パンダのプーさん at 23:51| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。