2006年11月03日

東京シティガイド検定

今日、慶応大学の三田キャンパスで 東京シティガイド検定 を受けてきました。

この検定試験、京都検定(京都・観光文化検定試験)を初めとするご当地検定の東京版で、東京の地理、歴史、観光情報等が試験範囲となります。


1ヶ月ほど前にこの試験のことを知り、近場を散歩する上でも色々知識があれば良いなぁ、、と思い、大江戸東京の歩き方 を購入し、検定試験も申し込みました。

大江戸東京の歩き方


ですが、結局はほとんど一夜漬けに近い状態で試験に臨みました。


試験は、、、

結構 引っ掛け問題に近いものもいろいろ。

正誤問題が多くあったのですが、そういえばこういうことが本に書いてあった、、と思って、「正しい」を選ぶと、細かいところで違っていたり。。。

また、「東京都の島を本土からの距離の順に並べた時に、3,5,7番目に遠い島は難でしょう??」というようなちょっとマニアックな問題もあり、なかなか手ごわいものでした。


70点取れれば合格とのことですが、帰宅後、問題とテキストを見比べながら自己採点をしたところ、予想点は67-75点程度。

結構微妙です。。。


合否は分かりませんが、当初の目的である、東京都に関する知識 という点では結構得るものは多くありました。

実際にあちこち散歩し、本で読んだ知識を実地で更に深めようと考えています。


試験を受ける受けないは別として、大江戸東京の歩き方は一読の価値はありです。


posted by パンダのプーさん at 22:05| 沖縄 ☔| Comment(13) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、「誰かあの検定を受けた人いないかなあ?」と思ってこちらにやってきました。

「ここは勉強したぞ!」という問題も結構あったのですが、僕自身かなり落としてしまった問題があったので自己採点は怖くてやってませんw。終わってから1週間ぐらい妹にテキストと問題用紙を貸していたというのもあったんですが。
プーさんも書いてらっしゃる通り正誤問題がたくさんあったので、マークシートを見た時点で「時間配分上、選択肢が2つしかない問題は後回しにしよう」と思いました。というのも正誤問題って文章が4行もあるのがあったりするので、明らかにこれは違うという問題だったらA(誤っている場合)をマークすればいいんだけど、
明らかな違いが見つけられない場合はあの長い文章の中から間違いを探さなければならない、しかも見過ごすような細かいところに潜んでいるかもしれない
という恐怖(?)があったのでかなり苦しかったですね。山田五郎編集のご当地検定の本を立ち読みして過去問題を見たときから「これで落とすかもしれない」警戒してました(公式テキストより安い泉麻人「東京検定」は買いましたw)。
「東京都の島を本土からの距離の順に並べた時に、3,5,7番目に遠い島は難でしょう??」というようなちょっとマニアックな問題は嫌でしたね。「テキストをそこまで調べて試験に臨まねばならないのか」とw。あてずっぽで新島だけ当てました。

ただテキストで答えを見つけられなかったりインターネットで調べてもわからないところも結構あって自己採点しようがない点がたくさんありますので、できたらまた教えて下さい。
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年11月14日 00:20
のもじゅ〜ん さん、コメント有難うございます。

正誤問題の落とし穴、きついですよね。 例えば、江戸の3大火についての問題。  ( )の中に間違いが潜んでいましたよね。 気づかずに、○にしていました。

島の問題で、新島だけ当てたのは、私もです。

お互い、合格していたら良いですね。
祈りましょう。。。
Posted by パンダのプー at 2006年11月14日 22:00
仮に江戸の3大火の1657年・1772年・1806年の年代が正しいものだとしたら、振袖火事は江戸時代の後の方ではないはずだから(そんな気がしたから)、1806年じゃないのではないかと思い、辛うじて2と答えました。「明暦の大火」と「振袖火事」という言葉しか知らなかったし・・・・・。危ない危ない(笑)。

第5問(1)は「正式に」が誤りなんですよねえ?(現在も正式には宣言されていない)

(4)で気にするとしたら「坂田藤十郎」で、これって扇千景の夫で「開チン事件」で写真を撮られた人が襲名した名前ではないか、あの旦那って関西の人ではなかったか、と思い、江戸歌舞伎の名優ではないと判断し、「辛うじて」2にしました。

(3)は「浅草も通ると聞いたが浅草が入ってない!」という理由で2と答えてしまいました。ただ「品川で折り返し」とありましたが、ホームページを見ると浅草でも折り返しており品川だけでは誤文ということにならないでしょうか?
しかしこれから行われることを試験に出されてもねえw?マラソンコースの変更だってこれからありえるし東京では有名な話なんですか?

一番気になったのが(2)でした。実は問題文の解釈をそのまま捉えていいかで悩んで全問解答した後にすっと考え込んでたんですが(1から2に変更した)、ここまででだいぶ長文になってるのでw、今度書きます。

「無断転写を禁ず」とあることによるんだろうけど、インターネット上に過去問が出回ってなかったのも痛かったです。傾向と対策もわからず唯一の過去問情報が山田五郎の本だけだった。。。。。。
ま、来年の試験会場どこかなあ〜今度は早稲田だったらいいな〜〜東大でもいいしということを希望として持つことにしましたwww。

ところで当日江戸歴史文化検定の紙袋を持ってる人を見かけたんですが(午前に受験した人かな?)、プーさんは受けたんですか?
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年11月15日 00:09
のもじゅ〜ん さん

火事の問題正解されたんですね。 素晴らしい。

(4)は、よく分からないまま@にしていました。。。
ますます、不合格への道を突き進んでいる気がします。

江戸歴史文化検定も気になりますね。 私は、受けていませんが、コンセプト的に面白そうですので、次回受けてみようと思います。
Posted by パンダのプー at 2006年11月16日 00:31
で、第5問の(2)なんですが、
結果的には「(自由が丘、ひばりが丘、常盤台、富士見台)これらは台地という実際の地形をよく表している。」が間違いということでAでいいと思うんですが、 問題はその表現がなかった場合の正誤がどうなるかということです。
(2)は、

東京23区の山手線内側は、武蔵野台地の縁であることから「坂」が多く、・・・・・・
また、「丘」や「台」では、・・・・・・・・

となってますが、初め私は(2)も東京都全体を問題にしているのであって「丘」「台」の部分は話題が山手線内側から離れて東京都にある地名のことを述べているのだと思って、普通に@(正しい)としていました。
そして全問を一通りマークし終わって見直し作業にかかったところ、(2)の冒頭にある「東京23区の山手線内側は、」の表現が妙に気になって、
「待てよ?丘や台に関する後半の文も、理屈通り文法通りに読んだら、前半と同じく山手線内側について問うてるんじゃないか?だとしたら自由が丘(東急)・ひばりが丘(西武)・常盤台(東武)なんてもろに山手線外側じゃないか!」と思い、まずいと思ってAに直しました。
結果的に違う意味で正解したみたいですけど、「これらは台地という実際の地形をよく表している。」の表現がなかったら正誤は変わってくるのでしょうか?「東京23区の山手線内側」はどう関わってくるのでしょうか?一番悩んだ内の一つなんですが、プーさんどう思います?


「火事の問題正解されたんですね。 素晴らしい。」
いやいや、見てたら結構落としてますので、○|○|紹介していきます。
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年11月20日 23:29
「江戸歴史文化検定も気になりますね。 私は、受けていませんが、コンセプト的に面白そうですので、次回受けてみようと思います。」

実というと私は、東京シティガイド検定の合否がわからない現時点では、まだ受けたい・受けようとは思いません。
江戸歴史文化検定は名前を拡大解釈しない限り、現代問題は出てこないだろうし、やはり現代問題で勝負したい・その方が楽だろうというのがありますね。
もっと言えば今のシティガイド検定の方もあまり江戸・東京の成り立ちに関係のないような、大学入試に出てくるような日本史問題がかなり多いと思います。
最たる問題はやはり第11問かな(私の解答2・3・2)?1問目の[36]についてはどの漢字だったかを答えさせるものだったので(大政奉還)、サービス問題だったような気がしますが、
あまり江戸や東京の土地に関する問題じゃないし、江戸や東京がどんなところかという点とは関係ない問題だと思うんですよ。「江戸東京史」でもない完全な日本史問題(それも政治問題)ですし、それを「東京シティガイド」の試験に出すべきではないような気がします。どうせ出すなら御三卿(たぶん[37]の正解)の苗字はそれぞれ何から由来しているかを問うた方のがまだいいような、でも逆に難しくなるか?w
後は先述の坂田藤十郎とか、第7問(私の解答1・1・2)、第9問(同1・1・3)、それと第12問(同1・1)もそうかな?
日本史の得意な人にはサービス問題になるかもしれないけど、
かといって「だから日本史を勉強し直した方がいい」と他の受験希望者に言いたくないですし、
日本史の教科書・参考書・問題集をまた引っ張り出してやろうなんて気も起こりません。

ですからもっと2試験間で差別化をしたような気がします。でも午前中に江戸歴史文化検定を受験して、直後すぐに反省したらその教訓を生かし午後東京シティガイド検定を受験して後者は合格する、そんなパターンがあるとしたら、やっぱり前者も受けたいなあ(笑)。
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年11月21日 00:27
ですからもっと2試験間で差別化をしたような気がします。
            ↓
ですからもっと2試験間で差別化をした方がいいような気がします。

でした。すみません。
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年11月21日 23:13
「第4回東京シティガイド検定解答」が発表されてたんですね。失礼しました。

http://www.tcvb.or.jp/jp/index-j.htm
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年12月03日 20:49
↑↑↑
右上の「第4回東京シティガイド検定」か、
NEWS>>の「第4回 シティーガイド検定詳細アップしました」からご覧下さい。
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年12月03日 20:57
のもじゅ〜ん さん
貴重な情報ありがとうございます。
早速チェックしてみました。
問題用紙にどう回答したかチェックしていなかった為、正確なところはわかりませんが、何とか70点はキープできていそうな気がしてきました。 (島の問題、予想外なことに全部正解していたみたいです。。。)
Posted by パンダのプー at 2006年12月04日 23:23
今回最大の難問と言われていた島の問題が全問正解ですか!?これはもう現時点で合格したも同然ですね。

こちらはどうやら79点ぐらいです。結構落としたように思えたんですが、採点ミスさえなければ合格できそうです。

もし合格したら次はかながわ検定横浜ライセンスに挑戦してみたいです。あくまでも江戸歴史文化検定じゃなくてw。
Posted by のもじゅ〜ん at 2006年12月05日 23:54
東京シティガイド検定でググって、こちらのページに来ました。
私も今年受験したのですが.......。

本日!結果が届きました。
薄っぺらい封筒だったので、てっきり不合格だと思って封を切ったのですが、なんと合格!
しかも予想を上回る80点での合格でした。
(自身がなかったので答え合わせしなかったんです......)

まさに予想外でしたが、当てにしていなかった分、喜びも大きいです。
プーさんはいかがでしたか?
Posted by おやかた at 2006年12月07日 00:14
おやかた さま

コメントありがとうございます。
私も何とか合格していました。
http://nomix.seesaa.net/article/29088872.html もご覧ください。
Posted by パンダのプー at 2006年12月07日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「東京シティガイド検定」を受験してきました。
Excerpt:  今日、東京都の外郭団体「財団法人 東京観光財団」と東京商工会議所が主催する「第4回 東京シティガイド検定 」を受けてきました  受験会場は慶應義塾大学三田キャンパスで、受験申込者..
Weblog: 世界遺産旅日記
Tracked: 2006-11-05 23:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。