2007年01月08日

南紀温泉尽くしの旅 その2 熊野本宮 温泉郷

南紀旅行2日目は、オーシャンビューの部屋での目覚めから始まりました。

2asanoumi.jpg



ホテルの朝食会場もオーシャンビューでなかなかGOOD.

2choshoku.jpg



朝食後、この日は、熊野大社方面を目指すことにしました。

途中、「山間部積雪注意」の案内や、かるーい吹雪にめげて引き返しかけましたが、何とか本宮温泉郷のひとつ、湯の峰温泉に到着。

湯の峰温泉は、小栗判官が復活した湯としても有名な温泉で、ゆで卵等を茹でることが出来る、熱湯の出湯が目に留まります。

2yunomine1.jpg


話は変わりますが、この日の前の夜、十数年前に亡くなった祖母が久しぶりに夢枕に立ちました。 「もうすぐ命日だから来たのかなぁ、、」 と思っていたのですが、湯の峰温泉のこの風景、幼き日に祖母に連れられてよく行った 湯村温泉を思い出させます。 (規模は湯村温泉のほうがずっと大きいですが。)  湯の峰温泉は初めてでしたが、何となく懐かしい気持ちになりました。

湯の峰温泉について、まずは、公衆温泉の受付に行き、世界遺産にも登録されている温泉である つぼ湯 の入浴を申し込みました。

2yunominekoshu.jpg



つぼ湯は、30分後との貸切での入浴となるのですが、2時間待ち。


丁度、昼時だったので、近くの「瀧よし」という民宿でお昼を食べました。

2yunomineohiru1.jpg



食べたのは、温泉がゆセット。

2yunomineohiru2.jpg


お粥に温泉卵、めはり寿司などが付いて、1000円。

前日食べ過ぎていたこともあり、丁度良く美味しくいただけました。


食後は未だ時間があったので、熊野古道の一端を垣間見ようと、近所の湯の峰王子に出かけました。

2yunomineoji0.jpg


2yunomineoji.jpg


熊野古道、是非気候の良い季節に歩いてみたいと思います。


そうこうしている内に、つぼ湯の順番が回ってきました。

遠景
2yunominetsuboyu.jpg


入り口
2yunominetsuboyu2.jpg


内部
2yunominetsuboyu3.jpg



乳白色のお湯はやわらかく、気持ち良く入浴できました。

雰囲気もよく、2時間待った階はありました。


つぼ湯の後は、公衆浴場にもつかりましたが、こちらもなかなか趣があってGOOD。

次回来るときは、湯の峰温泉をベースにして熊野古道歩きをしてもよいかなぁ、、など思いながら湯に浸かっていました。


湯の峰温泉の次は、川湯温泉を目指しました。

ここは、仙人風呂という川を堰きとめた野趣溢れる露天風呂が有名なのですが、水着を持っていなかった為、入浴はあきらめました。

仙人風呂の覆い/看板

2kawayusennninn1.jpg


仙人風呂の中(ぬるくて人がいないごく一部)

2kawayusennnin2.jpg



その後、熊野大社本宮を目指しました。

熊野大社本宮は、流石に厳かな雰囲気でした。

2kumano1.jpg


参道の鬱蒼とした雰囲気も、神社の厳かさを更に引き立てます。

2kumanosando.jpg



ちなみに、今年3度目の初詣となりましたが、1度目の八坂神社、2度目の富岡八幡宮 と共に、熊野大社の主祭神はスサノオノミコトです。


この日は、丁度 八咫烏の神事がとり行われる日ということで、上品な感じの着飾った人たちが大勢見られました。

2kumanoyatagarasu.jpg



参拝後は、参道脇にある 「もうで餅」 で餅と抹茶のセットを食しました。

2kumanomodemochi0.jpg


2kumanomodemochi1.jpg


2kumanomodemochi2.jpg



また、帰り際にサツマイモのお菓子(店の人曰く、サツマイモ100%)を購入したのですが、それもかなりいけていました。

2kumanoimo.jpg



その後、車で田辺・白浜地区に戻り、丸長 で夕食を食べました。

2marucho1.jpg


この日は、ずっと気になっていた くえ鍋。

他の料理が皆リーズナブル価格なのに、くえ だけは異常に高い。

それだけの価値があるものかどうか、、、 試してみることにしました。


2人前で13,000円。

3000円程度で結構立派な定食が食べられる店でこの価格です。。。

2maruchokue.jpg



写真じゃ良く分かりませんが、、、

確かに身はしっかりとしており、コラーゲンたっぷり。

アラから出るダシがポイントなのかもしれません。


雑炊(別料金)も楽しみ、お腹いっぱいに食べました。

このくえ鍋、値段だけのことがあるかどうかは不明ですが、美味しいことは確かです。

折角だから、一度 地元の詳しい人に教えてもらって、専門店で食べたいなぁ、、とも思います。


食後は、悪い癖で 太巻きをお土産にしてもらい、宿で食べました。 (鍋だけでもおなかいっぱいだったんですが。。)

2maruchofuto.jpg

posted by パンダのプーさん at 20:27| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。