2007年01月08日

南紀温泉尽くしの旅 その3 白浜温泉

南紀旅行最終日。

朝は昨日同様、オーシャンビューの部屋から始まりました。

ただ、違いがひとつ。 

よく晴れています。

3asa.jpg



海に行くには、絶好のコンディションです。


朝ごはんも食べずに、崎の湯 を目指しました。

8時オープンのはずだったのですが、、、

10時前に到着したところ、「高波の為 未だオープンできない」 とのこと。

11時-12時ごろオープンするとのことだったので、他をまわることにしました。


まず行ったのが、千畳敷

3senjojiki1.jpg


3senjojiki2.jpg



そして、三段壁

3sandan1.jpg


3sandan2.jpg



どちらも、強風がビュービュー吹いていましたが、雄大な海の眺めはいいですねぇ。

心を奮い立たせます。


三段壁周辺では、お土産屋の駐車場で客引きをやっており、 「1,000円以上買い物をしたら駐車無料。 そうでなければ2時間500円。」等と言ってきます。

三段壁のすぐ近くに無料駐車場があるのですが、危うく引っかかりかけました。

この手の商売は、あまり感心できません。。。


そうこうしている内に11時となった為、崎の湯に向かいました。

3sakinoyu0.jpg



男湯入り口

3sakinoyu1.jpg



男湯の中

sakinoyu2.jpg


男湯先端

3sakinoyu3.jpg



生憎、一番ダイナミックに海を眺められる先端の浴槽は、高波の為に大量の潮が入っており、ほとんど水でした。

でも折角なので、熱い湯で身体を暖めてからそちらにも浸かり、崎の湯の醍醐味を味わいました。


お湯の質では、昨日の湯の峰温泉がずっと上ですが、海辺の温泉も また違ったよさがあり、やはり好きです。


その後は、「とれとれ市場」にてお土産購入。

店千代本舗 のなんば焼きとごぼう巻き、丸新本家の生一本豆醤油とゆずぽん酢を実家に。

この生一本しょうゆは モンドセレクション金賞受賞でかつ、どっちの料理ショーで特選素材として使われたものらしく、ミーハーな私としはついつい選んでしまいました。

その他、梅干し(目いっぱい試食比べした後、減塩の「しらら」を選択)や梅肉にんにく等、いろいろ購入しました。


昼は、とれとれ市場と同じ系列の「いただき亭」にて。

3itadakitei.jpg


ここでは、地魚にぎり、蒸し鍋、くえのあら煮を注文しましたが、特に蒸し鍋の量が半端無く多く(1人前なのに、十分二人で満足できる量)、結局食べ過ぎてしまいました。

3jisakana.jpg


3mushinabe.jpg


3kueara.jpg


ひとつショックなことが、、、。

ここでは、くえ鍋(しかも くえの薄づくり と くえの串焼きが付いたセット)が一人前3000円弱。

隣の人が食べていたのですが、昨日私たちが食べたのに全く引けをとらない、嫌逆にこちらのほうがよさそう。。。


とれとれ市場、いただき亭 共に、地元の漁協の店のようなのですが、やはり通常のレストランよりもリーズナブルなのかも知れません。。。


食を満喫した後、空港に向かい、JALのMD90にて東京に飛んできました。

3MD90.jpg


今回の旅を総括すると、温泉、食 共に十分満喫できました。

南紀、かなり気に入りました。

いろんな季節に旅したいところです。



posted by パンダのプーさん at 21:19| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
崎の湯、誰も入っていませんね、手前のお湯は熱くてよかったと思いますよ。
遅いので明日ゆっくり見せてもらいます。
またきてください。
Posted by どじょう家族の日記 at 2007年01月08日 22:58
どじょう家族の日記 さま

コメント有難うございます。
手前のお湯は、熱くてよかったです。 

手前で身体を暖める → 海辺で絶景を楽しむ → 手前で身体を暖める と繰り返し入浴していました。

なかなか良かったです。
Posted by パンダのプー at 2007年01月14日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。