2007年02月10日

草津温泉って良いかも

2月3,4日で、草津温泉に行ってきました。

 
温泉大好きなものの、草津温泉はあまりにもメジャー過ぎて敬遠していて、初草津でした。
 
 
草津号で赤羽→長野原草津口へ。
 
そこからは、JRバスで。
 
年末に四万温泉に行ったとき(そのときのブログ)は、最寄の中之条からバスがほとんど出ていなかったんですが、草津は違います。
 
十分な数のデラックスなJRバスが、特急に合わせて用意されていました。
 
 
バスに乗って、温泉に着くと、、
 
あちこちに「泉質主義」のロゴが。
 

 

senshitsu.gif
 

 

 

 
 まず、湯畑に行きました。
 
 
yubatake1.jpg
 
 
 
yubatake2.jpg
 
 
 
yubatake3.jpg
 
 
 
いかにも温泉らしい雰囲気です。
 
ただ、ちょっと観光地過ぎるかな、、という気も。
 
早速、ちちや という店で温泉饅頭を食べましたが、はっきり言ってどうと言うことも無い味でした。
 
 
そして、宿へ。
 
ホテル望雲 というところに宿泊しましたが、見た目は良い感じでした。
 
ただ、人が動くと結構振動が気になりました。
 
 
宿で浴衣に着替えて、早速外湯を目指しました。
 
 
bouunntoyukata.jpg
 
 
まず目指したのは、西の河原公園の中にある 西の河原露天風呂
 
途中、いい感じの温泉街で、温泉饅頭を試食として配っている店が2つありました。
 
味は何と言うことは無かったものの、結構驚き。
 
これでもとが取れるのかな?? と。
 
 
sainokawara.jpg
 
 
男女別の露天風呂でしたが、思いのほか大きく、草津の湯量の多さを痛感しました。
 
広いのに、温度も適度で、、、
 
早速、草津温泉のこと、好きになりました。
 
 
次に行ったのは公衆浴場。
 
行って知ったのですが、草津温泉の公衆浴場は無料。 
 
しかも、それぞれ源泉が違うので、湯質は違うそう。
 
 
まず行ったのは、時間湯があるという地蔵の湯。
 
 
jizonoyuiriguchi.jpg
 
 
公衆浴場のすぐ横に、地蔵&源泉がありました。
 
 
jizonoyugensen.jpg
 
 
ただ、ここの時間湯は、長期湯治客用の本格的なもので、いきなりの体験は出来ないとのこと。
 
普通のお湯に入りました。
 
 
jizonoyuiriguchi2.jpg
 
 
 
入り口を入ると、いきなり脱衣場&浴槽があり、驚きました。
 
お風呂に入りながら、脱いだ服を横で見ていられるので、泥棒の心配は無くて良いですが。
 
 
お風呂には、5人入っていて、浴槽はほぼいっぱい状態。
 
お湯は熱めでよい感じでした。
 
さすが、泉質主義 です。
 
 
お風呂の中でいろいろ話を聞き、近くの 煮川の湯 が、近くの大滝の湯の源泉を使っており、草津一熱い&湯質が良いとの情報をゲットしました。
 
見た目は、まるで公衆トイレですが、いい感じです。
 
 
nigawa1.jpg
 
 
 
nigawa2.jpg
 
 
 
どういうわけか、お湯はそんなに熱くは無かったです。
 
湯質も、地蔵のほうが良かったかな。。。
 
 
その後、旅館に戻って夕食。
 
あっさりしていて、なかなかGOODでした。
 
 
yorukusatu.jpg
 
 
その前後に、宿のお風呂にも入りましたが、ゆっくり落ち着けて、、、
 
公衆浴場も良いですが、やっぱりホテルの内風呂も良いですね。
 
 
翌日は、朝ごはんから。
 
 
asakusatu.jpg
 
 
 
チェックアウト後は、湯畑近くにある 白旗の湯に行きました。
 
 
shirahata1.jpg
 
 
二つ浴槽がありましたが、湯畑のすぐ横にあることもあり、湯質は最高。
 
うち1つは、熱すぎて入れませんでした。
 
 
shirahata2.jpg
 
 
 
その後、体験時間湯が出来る千代の湯を目指しました。
 
 
chiyonoyu.jpg
 
 
11時からの、時間湯を体験。
 
 
jikannyu.jpg
 
 
10時50分に開錠されるのですが、男性は私のほかに2名いました。
 
その2名は常連らしく、いろいろと教えて頂きました。
 
 
時間湯は、まず 湯もみ から始まります。
 
湯長(若い女性の方でした)の歌にあわせて、湯もみするんですが、難しい。
 
一人、タイミングがずれていました。
 
 
そして、次は、かけ湯。
 
足、そして頭にかけ湯をします。 
 
この際、身体にはお湯をかけないことがミソらしいです。
 
 
かけ湯が終わると、いよいよお湯に入ります。
 
時間は3分。
 
多少熱めのお湯でしたが、体験ということもあり、丁度良い湯加減。
 
3分は短く、正直もっと入っていたかったです。
 
 
お風呂から上がると、バスタオルをかぶって汗を出します。
 
私は、バスタオルを持たずに行っていたので、ここは満喫できませんでした。
 
次回は、バスタオルを3枚程度持って行こうと思います。
 
 
時間湯を終え、シリアルナンバー付き限定品の 大盃大吟醸 を購入。

まだ飲んでないですが、、、。
 
 
そして、東京に帰り、その途中および帰ってから、草津の本当のすごさを感じました。
 
最近、あまり熟睡できない毎日を過ごしていたんですが、よく眠れること眠れること。
 
お湯の効果はてきめんです。
 
 
身体にも良いですが、精神的にもかなり効きました。
 
 
草津はたまに行きたいところです。
 
次回は、安い旅館に素泊まりし、気合を入れて外湯めぐりをしたいと思います。
 
出来れば、この冬のうちに。
posted by パンダのプーさん at 00:21| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。