2006年11月19日

我が家で晩酌 越の影虎(特別純米酒)

昨日、「週末だし、ボジョレーヌーボーでも飲もう」 と思い、池袋の西武百貨店、東武百貨店の酒屋コーナーを廻っていたのですが、、、

いろいろ試飲をしていると、、、

結局、日本酒になってしまいました。


購入したのは、山口県の獺祭(だっさい) 遠心分離 50%磨き 720ml


39%磨き、23%磨きの純米大吟醸も飲み比べたのですが、私的には50%磨きがもっとも好みでした。


ですが、家に帰って気づいたのですが、旅行に行くたびにお気に入りの酒を買い、でもその割りに飲んでいない為、昨年秋田で買った酒x2本、新潟で買った酒(純米吟醸極上吉乃川 )等、いろんな酒があります。

そこで、実際に飲んだのは、 名水仕込み 特別純米酒 越乃景虎720ml

kagetora.jpg


飲んだといっても、グラスに一杯だけなんですけど。。。

ワインも美味しいですけど、日本酒(特に純米吟醸系)も美味しいですね。



posted by パンダのプーさん at 21:49| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ドラフトワソ

今朝、ペリカン便でドラフトワンが届きました。

先日、試飲プレゼントキャンペーンに応募していたんです。


飲酒運転が社会問題になってから、街角でのキャンペーン缶の配布は行わなくなったのでしょう。

インターネットでのお酒系のプレゼントは増えているような気がします。


届いた荷物をあけてちょっとびっくり。

draftone.jpg

写真からはいまいち分かりませんが、かなりミニサイズでした。

ドラフトワンは、135ml缶が2つ。

そして、かなり小さめの「ドラフトワン ギョーザスナック」


ちょっと飲むのには良いかもしれません。



posted by パンダのプーさん at 19:24| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

男鹿旅行記 その3 『寝台列車』

ナマハゲ伝導師認定試験 の後、秋田空港まで車を飛ばしました。

帰りの飛行機は、19:45発。

試験は 16:00-17:00。  (早めに終わったので、16:40 ごろ退室しましたが。。)


11月だと言うのに、男鹿はちょっと吹雪きはじめていたため、安全運転にも気を遣いながら、一路空港を目指しました。

空港に着いたのは、18:30ごろ。

余裕です。


ですが、ショックなことが。。。

東京行きの便 (MD87)が欠航。


18:40発の名古屋行きの便(CRJ)への振り替えが行われていたんですが、、、

タッチの差で、その飛行機も満席。


どうしても、翌日(月曜日)の朝までに帰りたい私たちは、ブルートレイン あけぼの を利用することとなりました。

振替として、JALから支給されたお金は 一人2万円 + 秋田空港⇒秋田駅までのタクシーチケット。

結局、B寝台個室 (18,000円+α)にて帰りました。

(私たちが切符を買った時には、B寝台、B寝台個室、A寝台個室に空きがあったのですが、駅前の花まるうどんで夕食を食べてから緑の窓口に戻ると、全ての座席が売り切れでした。 あぶないところ。。。。)


akebono1.jpg


akebono2.jpg



B寝台個室の中はかなり狭く、選択を誤った気がしました。

akebononaka1.jpg


尚、寝る前には 純米吟醸 の 1合瓶を駅前のコンビニで見つけ、秋田名物の いぶりがっこ と仙台名物のささかま をつまみに、一杯楽しみました。

akebonobanshyaku.jpg
 


この寝台列車、上野に7時前に到着する予定だったので、何とか月曜日の朝は遅刻せずに会社にいける、、、と思って 安心して眠りに落ちたのですが、、、

朝方、まだ眠りの中にいる時、音楽の混じった車内放送で起こされました。

「ただいまの時刻は6時XX分。 この電車は、強風の為 1時間20分遅れで運転しております。」 


1時間20分遅れると、かなりの確率で遅刻です。

ですが、新幹線への振替をやってくれるとのこと。

飛行機 → 寝台特急、 寝台特急 → 新幹線、 とこの日2度目の振替です。


結局、高崎から新幹線に乗り、大宮へ。  

そして大宮から宇都宮線で赤羽に出て、そこからタクシーに乗り帰宅しました。

着いたのは、7時40分。


その後、シャワーを浴びて、スーツに着替え、出勤しました。


結構疲れましたが、盛りだくさんの週末でした。


posted by パンダのプーさん at 23:38| 沖縄 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男鹿旅行記 その2 『ナマハゲ尽くし』

男鹿温泉郷では、5月〜11月まで、休前日の夜、ナマハゲ太鼓を実演しています。

11日も、夜8時40分から 男鹿観光ホテルにて実演があり、見てきました。

namahagetaiko.jpg


太鼓が周りの空気を震わせ、全身で演奏を満喫できました。

ナマハゲの迫力の太鼓の勢いが相まって、最高 の一時を過ごせました。

素晴らしい芸能です。



翌日は、 ナマハゲ伝導士認定試験 を受験しました。

この資格、最近流行りのご当地検定の中でも、話題の検定です。


上述のナマハゲ太鼓にしても、このナマハゲ伝導師認定試験にしても、男鹿の持つ貴重な文化、伝統を頑張って盛り上げていこうという意気を感じます。


ナマハゲ伝導師認定試験は、朝8時50分に始まる研修からスタートです。

午前中は、ナマハゲ館 と 男鹿真山伝承館 を見学しました。


まず、ナマハゲ館。

namahagekan.jpg



中には、ナマハゲのお面を彫る実演コーナーや、各地域のなまはげのお面を展示してある部屋がありました。

namahagebori.jpg


namahageomennko-na.jpg



そして、男鹿真山伝承館。

namahagedensyokan.jpg



伝承館では、ナマハゲの実演を見ました。

namahagejitsuen.jpg


音と身振りで、相当の迫力です。

子供が泣くのも分かります。


午後は、ホテルの会議室にて、講習を受けました。

namahageshiken.jpg


ナマハゲの由来や、ナマハゲという名前の語源、現在のナマハゲ儀式の実施状況など、ナマハゲに関して いろいろと興味深い話を聞けました。

そして、午後4時からは試験。。。


選択問題あり、記述問題あり。

試験結果は12月20日発表だそうです。


こうして、なまはげ尽くしの1日が終わりました。


旅行の醍醐味もこれで終わりかと思いきや、、、

そうは問屋が卸してくれませんでした。

その点については、次回に。








posted by パンダのプーさん at 23:18| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男鹿旅行 その1 『リベンジ』

昨年のクリスマスの3連休、「日本のクリスマスはサンタクロースよりもナマハゲの方が似合う」 と思い、男鹿半島に旅行しました。

が、大雪のために足止めを食らってしまい、肝心のナマハゲには会えず、、、

そういう、苦い経験をしました。


そのリベンジも兼ねて、先週末、男鹿半島に行ってきました。


土曜日の朝 8時、羽田発のJAL A300-600Rに乗り、秋田空港へ。

秋田空港からは、トヨタレンタカーで、男鹿を目指しました。


ただ、天気は生憎の雨。

男鹿半島は景色が良さそうなところですが、雨ではあまり楽しめません。


一路、男鹿半島を目指しました。

お昼は、入道崎 の 美野幸 で 名物の石焼定食を食べました。

minoyuki.jpg


塩味の石焼であり、かなり美味しかったです。

ishiyakiteisyoku1.jpg


ishiyakiteisyoku2.jpg



この店は、TV東京の、「田舎を食べよう  第2回ふるさとグルメ大賞」 でグランプリをとった店だとのことで、トロフィーと盾が飾ってありました。

furusatogurume.jpg


食に関しては、幸先の良いスタートです。


その後、男鹿水族館GAOへ。

海辺にあり、きれいなところでした。

suizokukannonaka.jpg


suizokukannkaranofuke.jpg


その後は、宿泊していた セイコーグランドホテル へ向かいました。

昨年泊まっていた 男鹿観光ホテル と同系列のホテルです。

施設はちょっと古い気もしましたが、悪くは無かったです。

尚、この系列の風呂(特に露天風呂)を比べると、男鹿ホテルが一番だと思います。


胆嚢摘出手術以降、脂肪分の多い食事は食べられないので 若干不安でしたが、夕食は結構食べられました。

ogayorugohan.jpg

夕食後からその翌日にかけては、1年越しの ナマハゲ リベンジ。

今年は、目的を達しました。


ナマハゲ尽くしの1日半は、次のブログで。






posted by パンダのプーさん at 22:54| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

食彩健美 野の葡萄 @東京ビル TOKIA

健康料理ビュッフェが食べられる、という 東京駅近くのTOKIAにある 食彩健美 野の葡萄 へ行ってきました。


夜は2,600円なのですが、健康レストランは 脂があまり食べられない私にとっては強い味方です。


ただ、ビュッフェは危険。。。


メニューは、油たっぷりの食事もいろいろとありましたが、油が入ってなさそうなおばんざい系もいろいろありました。

また、ご飯も 白米のほかに玄米や炊き込みご飯、五穀米など、いろんな種類がありました。

パンも、フルーティーなジャムがいちご、ブルーベリー、巨峰等いろいろあり、楽しめました。


天ぷらやスパゲッティ、サラダやデザート等、油が食べれれば、もっと楽しめたことでしょう。


とはいうものの、、、

限られたものだけでも、食べ過ぎてしまいました。。。


おまけに、気づかずに油モノを食べてしまったよう。


胆嚢摘出後は脂肪分をとっちゃダメ、、と聞き、これまで結構忠実に低脂肪に徹していた為、脂肪分をとったら何が起こるのかいまいちわかっていなかったんですが、、、

今日は、おなかの調子がハッキリとおかしい。。。


お腹がぐるぐる、きゅーきゅー 気持ちわるーい感じ。

初めての感覚。

別に、我慢できないレベルではないんですが、胆のう炎の時の痛みが薄い版 といった状況です。


家に帰ってきたらおさまりましたが、、、、

胆のう摘出手術後 3ヶ月は脂ものは控えろ、 と言われたのに対し、今日は手術後2ヶ月+10日。

まだまだ油断は禁物なようです。
posted by パンダのプーさん at 23:33| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椿山課長の七日間

久しぶりに、試写会へ行ってきました。

6時開場、6時半開演とちょっと早めだったのですが、場所が東商ホールと会社から徒歩でいける場所だったので 間に合いました。


見た映画は、椿山課長の7日間 という、新田二郎原作の作品。

あらすじも知らず、それ程期待せずに見たのですが、、、

笑いあり、涙あり、、 で結構満足できました。


ジャンルで言うと、コメディなんだと思います。

死んだ西田敏行が伊藤美咲として生まれ変わるあたり、そして和久井映見 扮する死後の世界の案内人の言動等、意識的に笑いをとるように仕込んである場面もいろいろあり、会場が笑いで包まれることもしばしばでした。


ですが、同時にかなり感動モノ。

「死」というテーマを扱うこともあり、切ない 泣ける場面も多くありました → 途中から、会場は鼻をすする音で充満していました。


個人的には、こういう映画は映画館でというよりも、飛行機の中で見たいと思います。

旅に出る際の なんとなくせつなーい 雰囲気に上手くマッチするのかな、、、と。


余談ですが、、以前、アメリカに引っ越して行った時の行きの飛行機で、 黄泉がえり を見たのを思い出しました。  個人的には、黄泉帰りよりも、この 椿課長の七日間 の方が より飛行機向きだと思います。
posted by パンダのプーさん at 23:10| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

万歩計を購入

先日、六本木のドンキホーテに行きました。

屋上にジェットコースターだか何かを作ったということで、一時期TVのニュースでよく見た建物ですが、実際に行くのは初めて。


コスプレコーナーなど 興味深いフロアもあり、いろいろ見て回った結果、思わず万歩計を購入してしまいました。

OMRON製の、2400円くらいのもので、歩数の他に、しっかり歩数(ある程度のペースで何分か以上歩いた場合の歩数)、消費カロリーが表示されます。

これまで、一日に何歩歩いているかなど見当も付かなかったのですが、平日はだいたい8,000歩くらい歩いており、旅行に行くと1日18,000歩ほど歩いているみたいです。


腰のところに万歩計を付けて歩くのはちょっと恥ずかしいですが、万歩計を付けていると歩くのが面倒くさくなくなる等のメリットもあるので、今後も使っていこうと思います。


ちなみに、毎朝の体重・体脂肪率・筋肉率 とともに、毎日の歩数・消費カロリー を記録するが最近の日課です。
ラベル:歩く 万歩計
posted by パンダのプーさん at 23:57| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

大社餅

諏訪大社へのお参りを記念して、 大社餅 という和菓子を購入して帰ってきました。 (上諏訪駅の売店で購入しました。)

taishamochihako.jpg



このお菓子、伊勢の赤福もちを想像させるような形状をしています。

taishamochidai.jpg


ただ、色・甘さ ともにちょっと薄め。

私にとっては、こちらの方がお好みです。


胆嚢摘出後、食べられる洋菓子のレパートリーが少なくなってしまっている状況下、和菓子は強い味方です。

和菓子 + お茶 の組み合わせ、なかなか幸せです。


posted by パンダのプーさん at 23:11| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の諏訪湖

週末に諏訪湖へ出かけました。

目的は、ゆったりと温泉を堪能すること。


新宿からスーパーあずさに乗り込み、上諏訪を目指しました。


学生時代、青春18切符を利用して旅行した際、上諏訪駅ホームにある温泉に入った覚えがあります。

そこで、まずは駅の温泉へ、、 と思ったのですが、、、 駅の温泉は 足湯 に姿を変えていました。


足湯にはあまり興味なかった為、駅の外へと繰り出しました。


上諏訪の町の第一印象は、静かなところだな、、 というもの。

上諏訪駅前に関して言うと、観光地っぽい雰囲気は、一切ありません。


ちょっと寂しく感じつつも、諏訪湖を目指しました。


1. 諏訪湖

諏訪湖は、非常に気持ちの良いところでした。

suwako1.jpg


suwako2.jpg


風が冷たく、季節を感じました。

加えて、湖畔には足湯もあり、なかなか快適でした。


諏訪湖でしばらくたたずんだ後、ぷらぷらと散歩に出ました。


2. 酒蔵

上諏訪周辺は、レトロな雰囲気のある商店街(シャッター通りとなりかけていましたが)もあり、散歩するにはなかなか良いところです。

なかでも、甲州街道沿いに 造り酒屋が5軒ほどかたまっているところがあり、試飲を楽しみました。

shuzo.jpg

やや飲みすぎた感もありましたが、美味しい日本酒は本当に美味しいですね。



3.片倉館

その他、片倉館という、「シルクエンペラーと称された片倉財閥により地域住民に厚生と社交の場を供するため昭和3年に竣工され」た施設へ行きました。

ここは、洋館 及び 庭のイチョウの黄葉が見事。

katakurakan0.jpg


katakurakan1.jpg


icho1.jpg

片倉館には、千人風呂という公衆浴場が今でもあり、レトロな雰囲気の中ゆっくり楽しみました。



4. 諏訪大社

諏訪大社へのお参りにもおこないました。

諏訪大社詣では中学3年生以来ですが、何となく面影は思い出されました。

ただ、思ったよりも小さいなぁ、、というのが素朴な感想です。


境内を出たところにある、雷電為右衛門像に興味を惹かれました。

raidentameemon.jpg




5. 油屋

ちなみに、宿泊したのは 油屋 という温泉旅館でした。

千と千尋の神隠し に出てくる旅館と同名なのに惹かれたのです。

温泉旅館らしくない、シングルルームに宿泊したのですが、肝心の温泉は堪能できました。 (合計4度入浴しました)

特に、最上階である7Fにある露天風呂は、なかなか爽快でした。



上諏訪地域には、キレイに改装されたような感じの旅館が何件も見られ、結構良い感じです。

また、都心での生活で忘れていた 季節感 を思い出しました。

丁度良い季節の旅行だったようです。


秋の諏訪、 オススメです。

posted by パンダのプーさん at 21:42| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。